入門者は見ておこう!電動工具の使い方講座

ルーターで溝を作ろう

ルーターというのは木材に溝を彫ることができる機械になります。これは、窓抜きをするときにも使うことができる電動工具なのです。ビットタイプは様々なものがあるので、用途に応じて使い分けることができますよ。この機械はパワーがあるので本体も大きくなっていて、ハンドルが付いているのです。このハンドルは左右についているので、両手で各ハンドルを持ってから対象物に溝を彫っていきます。本体のビットが回転するためその方向に本体を進めて溝を作っていきましょう。

ジグソーはどう使うのか

ジグソーというのは、細長いノコギリを使って電動でカットして言うというものになりますよ。これは手動のノコギリのように使うことができるという特徴があるのです。切断するときにスピードも遅いので、初心者でも安全に使うことができます。使い方は切断したい木材などを置いて、本体をこの木材に押し当てて対象物を切断していくと切る事ができるのです。ちなみに、このジグソーは本体を角度調整することで斜めに切ることもできるのです。

卓上スライドソーサーの使い方

この電動工具は、対象の木材を綺麗に切断することができる電動工具になります。特に家具などを作るときには重宝するものなので、使い方を覚えておいて損はないですよ。これは本体に木材を置いて固定し、丸鋸の部分は半分固定状態で押し切るように切断します。使い方は木材を置く場所があるので、ここに切りたい木材を配置して固定しましょう。後は木材の切断したい部分を中心に持ってきて、丸のこを下ろすと切断することが可能なのです。

電動工具の買取は、良品であれば比較的高価格で買い取ってもらうことができることから現役から退いた企業などから買い取りの注文が増えています。