知っておきたい!うつ病治療の基本的な3つの方法

思い切って休養を取ることも必要

うつ病の具体的な治療法には、薬物治療や精神治療などがありますが、その一方で、十分な休養を取ることも重要なことだと言われています。うつ病になる人は、責任感が強く生真面目な人が多いため、仕事や家事などを休んでしまうことを悪いことだと考える場合が多いようです。しかしそのように精神や身体に負担が掛かった状態では、治療の効果も十分に期待できないため、医師に休養を勧められた場合は、仕事や家事などを思い切って休むことも必要だと言えるでしょう。

薬物治療の目的や効果とは

うつ病の治療は、本人の「休養」と「薬物治療」を2本の柱として行われる場合が多いと言われています。薬物治療は、症状を改善したり、再発を予防することを目的に行われるもので、症状によってさまざまな薬が処方されます。代表的なものとしては「抗うつ薬」があり、抑うつ気分を取り除く効果や、意欲を出す効果、そして不安や緊張を取り除く効果が期待できます。また抗うつ薬は、その効果が現れるまでに1週間~数週間程度かかるため、すぐに効果がなくても続けて服用する必要があります。

精神治療の目的や方法とは

精神治療は、医師との対話や、さまざまな交流をすることを通じて行われます。その目的は、自分の性格や考え方を客観的に捉えることで、うつ病になった原因を理解したり、病気が改善されるようにコントロールしたりすることにあります。さらに症状の再発防止のためにも大切な治療だと言われています。具体的には医師が患者の話を聞きながら、不安な気持ちを理解した上で、それぞれの患者にあったアドバイスやサポートを行うというやり方になります。

うつ病というのは外見や日々の生活の様子からでは判断が難しい複雑な病気です。専門医に相談するのもいいですが、まずは自分でチェックしておきたいという方のために簡単に行えるのが「うつ病チェック」です。