是非知っておきたい!!ふるさと納税のメリット

ふるさと納税とは何か

ふるさと納税という言葉を知っていますか?ふるさと納税は2011年3月に起きた東日本大震災の際に、被災地救済として全国で話題となりました。「ふるさと納税」と聞けば自身のふるさと以外に納税出来ないのではないかとイメージされる方も少なくないと思います。実際には自身のふるさと以外にも納税が出来るようになっており、納税先を自分で指定出来るんですよね。この記事ではふるさと納税について紹介していきたいと思います。

自分のふるさと以外にも寄付出来る

それではふるさと納税について詳しく説明していきたいと思います。ふるさと納税とは何かと申しますと、都道府県及び市区町村に寄付する制度の事をふるさと納税と呼びます。先ほども申しましたが、自身のふるさと以外の地域にも寄付する事が可能となっています。また、自治体にもよりますが、ふるさと納税をするとお礼として感謝状や特産品をもらえる事もありますね。ちなみに寄付金が2000円を超えた部分については所得税や住民税から全額控除されます。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税にはいくつかメリットが存在していますので紹介していきたいと思います。まず納税した寄付金を確定申告すると寄付した金額が還付されます。全額返ってくるわけではありませんが、寄付した金額に近い税金が確定申告をすると還付されるんですよ。また、必ず出来るわけではないのですが、寄付金の使い道を選択する事が出来ます。このようにふるさと納税にはメリットがあり、ふるさと納税を行う人は年々増えてきています。

ふるさと納税は、希望した地方自治体に個人が寄付した場合、寄付金のほぼ相当額の納税が免除されるシステムです。寄付した地域の特産品などがお礼としてもらえる場合があります。