美容整形とは医療行為ではなくあくまでも美容のためのもの

形成外科と美容外科との違いとは

手術をして身体の形を変えてしまうものに、形成外科というものと美容外科というものがあります。ところが、この二つは似て非なるもので、形成というものが先天的な障害や事故による障害などに対する対処策として、手術によって障害のある身体の部分を成形する、といった医療措置であるのに対して、美容整形というのは、医療としてではなく、もっぱら「美しくなりた」ために、手術によって身体のある部分の形を変えてしまう、というもののことを言います。

医療ではなくあくまでも美容のための整形であるもの

たとえば、美容整形でよくあるものとして、目を二重まぶたにしたい、鼻を高くしたい、太っている体型を痩せ型にしたい、といったものがあります。こうした要望を持っているのは、ほとんどの場合女性なのですが、これらの美容整形とは、障害のある身体を手術によって矯正する、といった医療目的の措置なのではなく、あくまでも自分の姿かたちを美しく見せたい、という願望を手術によって実現したい、という美容のためのものなのです。

医療行為と見做されないので、あくまでも自己責任で

美容整形というものは、身体に生じている目に見える不具合部分を手術によって矯正する、という医療ための形成手術なのではなく、あくまでも美容を目的とした整形手術ですから、医療行為とは見做されないために、医療保険の適用対象にはなりません。このために、美容整形を行おうという人は、それなりの出費もしなければなりませんし、手術が失敗して身体に障害が生じることになる、というリスクも覚悟した上でなければなりません。

Vゾーンを美しく見せるには、小陰唇の整形をするという手段があります。水着を着たときに、その効果がはっきりと現れます。

小陰唇肥大の手術を調査